上白糖を三温糖に切り替えて、ヘルシー志向

食事のカロリーに関係するもののなかで砂糖があります。

菓子でも砂糖はたくさん使われています。

砂糖がついていると本当に美味しいですが、カロリーも高いです。

打っている加工品にはカロリー表示がされていますが、

甘い菓子パンではケーキ並みのカロリー記載でびっくりすることも良くあります。

食べた後の満足感は半端ありません。

砂糖が吸収されたのでしょうか。

まるで薬物ですね。

このようにカロリーに左右する砂糖。

毎日の食事作りにも使われて、結構和食には使われる率が高いです。

白い上白糖は糖の上昇が急激なのですが、精製されていない三温糖やブラウンシュガーは

緩やかな糖の上昇で体にも優しいのです。

我が家は三温糖を料理作りに使用しています。

せめてもの気配りです。

甘いものを食べたい、でも体に優しいものを選んでせめてもの罪滅ぼしです。

三温糖は甘みは上白糖に比べると控えめ。

この分は多く使用していますが、まあいいと思います。

三温糖は上白糖に比べると高いですが、つづけていきたいと思います。

姿勢の良しあしで見た目がぐんと変わる

ダイエットに気配りしている中で、姿勢の大事さを痛感しています。

自分の体を姿見で見てみると、緊張感のない立ち姿に見ていて恥ずかしくなります。

以前よりも少しスッキリとした感じではあるのですが、

足の太さと締まりのないおなかはスタイルの悪さを誇張しています。

そんな時に少しだけおなかをへこます努力をすると胸の位置が上がり、ウエストも細く見えるのです。

へその位置も上がるので足も長く見える感じがします。

足が長く見えるとともに、両足の隙間部分ができて足も細く見えるみたいです。

これは良く見せすぎかしら?でも姿勢は悪いよりはいいほうが、見ためがいいようです。

姿勢の崩れは余計なところに筋肉や脂肪を付けて見た目が悪くなるし、

肩こりや腰痛に原因になっていることもあります。

相当心掛けないと直らない悪い姿勢を、この際改善したいと思っています。

やろうと思えば今なら画像で保存し比較だってできます。

これは自分の心がけしかないですね。

自分の痩せれるダイエット法がわかるDNAダイエットが気になっています。

いろんなダイエット法が世に出回っていますが、全部が万人に向いているわけではないようです。

体質や年齢、脂肪の付き方などそれぞれ違うのが本当のところ。

それなら人がやった方法で自分もあるかというとそうではないようです。

その人の痩せ方に合った方法を知るのに調べてもらってそれに沿ってアドバイスをもらえるというのがこのDNAダイエット。

聞いたときに私もそうですが、旦那も調べてやってみたいというのが本当でした。

メタボな人なので。。

このダイエットはちょっと高価というのが難点。

しかし安くても高くてもやるのは自分自身。

継続して使わないと何も変化はありません。

人にやらせてどうにかなるということはないですね。

やる気がある人にしか、変化はありません。

私も高価なものには慎重な方なので、二の足を踏んでいますが、興味はあるのです。

その人個人に合ったやり方という点で、回り道をしないで効率的にダイエットができるような気がするからです。

油たっぷりのひき肉を使った餃子で反省!

昨日の晩御飯に食べた餃子。

手作り餃子で私がひき肉を購入して作ったのですが、豚ひき肉が結構脂が多かったみたいなのです。

確かに赤みが少なく白っぽいひき肉でした。

焼いていると油がたーくさん出てきて、ジューシーなのかしらと思いましたが、食べてみると油っぽかったのです。

ちょっとがっくり。

餃子は油の抜けるタイミングがありません。

焼いた上に水を入れてふたをして蒸し煮します。

カリッと焼き目が入りましたが、全部肉から出は油だとしたら、考えただけでも反省の気持ちです。

ダイエットを考えるときには摂取する食材のカロリーは一番大事。

見た目の脂肪がついている肉ははっきりとわかりますが、ひき肉など加工してある肉はわかりにくいです。

経験上わかってもよさそうですが、目に見えないので安易な気持ちで選んで買ってしまいました。

罪悪感から翌日はカロリーオフの食材でカバーしました。

食欲はあるのですが、ちょっと我慢して帳尻を合わせています。